8歴史論 責任分担の法則

(七) 責任分担の法則

人間始祖のアダムとエバには、神も干渉できない責任分担が与えられていた。それは人間に万物の主管主としての資格を得させるためであった。すなわち神の責任分担の上に、アダムとエバは彼らに与えられた人間の責任分担を完遂することによって、万物に対する主管主にならなくてはならなかった。ところが、彼らはその責任分担を果たすことができないで堕落してしまった。

再創造の摂理においても、神の責任分担と人間(特に摂理的な中心人物)の責任分担が完全に合わさることによって摂理は成就するようになっていた。ここに人間の責任分担とは、人間(摂理的人物たち)に与えられた使命を、人間が自らの自由意志でもって、責任をもって完遂することを意味する。

したがって、摂理的人物が自らの知恵と努力によって神のみ旨にかなうように責任分担を果たせば、摂理は新しい段階に発展するが、もし彼が責任分担を果たさなければ、彼を中心とした摂理は失敗に帰する。そして摂理は延長されて、一定の数理的期間を経過したのちに、神は新しい人物を召命されて、同一の摂理を再び反復されるのである。

人類歴史が罪悪歴史として今日まで延長してきたのは、摂理的人物たちが継続して責任分担を果たせなかったためである。イエスが十字架にかけられて統一世界を実現できなかったのは、洗礼ヨハネや祭司長、律法学者などの当時のユダヤの指導者たちが責任分担を果たせなかったからである。今日まで共産主義が全世界を混乱に陥れた理由は、産業革命以後、キリスト教国家の指導者たちが責任分担を果たせなかったからである。

共産主義が崩れた現在においても、民主主義の指導者たちは、大いに覚醒して神のみ旨にかなうように責任分担を果たさなければならない。すなわち神の真なるみ言と真の愛をもって、共産主義国家の人々までも導いて、神の側に立たせなければならないのである。そうすることによって、真の平和世界とともに地上天国の実現が可能となるのである。