原相論 神性

第一章 原相論

(二) 神性

神の属性には、先に述べたように形の側面もあるが、機能、性質、能力の側面もある。
それが神性である。従来のキリスト教やイスラム教でいう全知、全能、遍在性、至善、至
真、至美、公義、愛、創造主、審判主、ロゴスなどは、そのまま神性に関する概念であり、
統一思想ももちろん、そのような概念を神性の表現として認めている。

しかし現実問題の解決という観点から見るとき、そのような概念は形(神相)の側面を扱
っていないという点だけでなく、大部分が創造と直接関連した内容を含んでいないという
点で、そのままでは現実問題の解決に大きな助けとはならない。統一思想は現実問題の
解決に直接関連する神性として、心情、ロゴス、創造性の三つを挙げている。その中でも
心情が最も重要であり、それは今までいかなる宗教も扱わなかった神性である。次に、こ
れらの神性の概念を説明し、それがいかに現実問題を解決しうるかを明らかにする。

(1) 心情

心情とは何か

心情は神の性相の最も核心となる部分であって、「愛を通じて喜ぼうとする情的な衝
動」である。心情のそのような概念を正しく理解する助けとなるように、人間の場合を例と
して説明する。

人間は誰でも生まれながらにして喜びを追求する。喜ぼうとしない人は一人もいないで
あろう。人間は誰でも幸福を求めているが、それがまさにその証拠である。そのように人
間はいつも、喜びを得ようとする衝動、喜びたいという衝動をもって生きている。それにも
かかわらず、今日まで大部分の人々が真の喜び、永遠の喜びを得ることができないでい
ることもまた事実である。

それは人間がたいてい、金銭や権力、地位や学識の中に喜びを探そうとするからであ
る。それでは真の喜び、永遠な喜びはいかにして得られるであろうか、それは愛(真の
愛)の生活を通じてのみ得られるのである。愛の生活とは、他人のために生きる愛他的
な奉仕生活、すなわち他人に温情を施して喜ばせようとする生活をいう。

心情は情的衝動である

ここで「情的な衝動」について説明する。情的な衝動とは内部からわきあがる抑えがた
い願望または欲望を意味する。普通の願望や欲望は意志で抑えることができるが、情的
な衝動は人間の意志では抑えられないのである。

われわれは喜ぼうとする衝動(欲望)が抑えがたいということを、日常の体験を通じてよ
く知っている。人間が金をもうけよう、地位を得よう、学識を広めよう、権力を得ようとする
のも喜ぼうとする衝動のためであり、子供たちが何事にも好奇心をもって熱心に学ぼうと
するのも喜ぼうとする衝動のためであり、甚だしくは犯罪行為までも、方向が間違ってい
るだけで、その動機はやはり喜ぼうとする衝動にあるのである。

そのように喜ぼうとする衝動(欲望)は抑えがたいものである。欲望は達成されてこそ満
たされる。しかるに大部分の人間にとって、喜ぼうとする欲望が満たされないでいるのは、
喜びは愛を通じてしか得られないということが分かっていないからである。そして喜びが
愛を通じてしか得られないのは、その喜びの根拠が神にあるからである。

神は心情である

神は心情すなわち愛を通じて喜ぼうとする情的な衝動をもっているが、そのような神の
衝動は人間の衝動とは比較にもならないほど抑えがたいものであった。人間は相似の法
則に従って、そのような神の心情を受け継いだので、たとえ堕落して愛を喪失したとして
も、喜ぼうとする衝動はそのまま残っている。ゆえに、情的な衝動を抑えることは難しい
のである。

ところで神において、喜ぼうとする情的な衝動は、愛そうとする衝動によって支えられて
いる。真の喜びは真の愛を通じなければ得られないからである。したがって、愛そうとす
る衝動は喜ぼうとする衝動よりも強いのである。愛の衝動は愛さずにはいられない欲望
を意味する。そして愛さずにはいられないということは、愛の対象をもたずにはいられな
いことを意味する。

そのような愛の衝動によって喜ぼうとする衝動が触発される。したがって愛の衝動が一
次的なものであり、喜びの衝動は二次的なものである。ゆえに愛は決して喜びのための
手段ではなく、ただ無条件的な衝動なのである。そして愛の必然的な結果が喜びである。
したがって愛と喜びは表裏の関係にあり、喜ぼうとする衝動も実は愛そうとする衝動が表
面化したものにすぎない。
ゆえに神の心情は、「限りなく愛そうとする情的な衝動」であるとも表現することができる。
愛には必ず対象が必要である。特に神の愛は抑えられない衝動であるから、その愛の
対象が絶対的に必要であった。したがって創造は必然的、不可避的であり、決して偶発
的なものではなかった。

宇宙創造と心情

そのように心情が動機となり、神は愛の対象として人間と万物を創造されたのである。
人間は神の直接的な愛の対象として、万物は神の間接的な愛の対象として創造された。
万物が神の間接的な対象であるということは、直接的には万物は人間の愛の対象であ
ることを意味する。そして創造の動機から見るとき、人間と万物は神の愛の対象であるが、
結果から見るとき、人間と万物は神の喜びの対象なのである。

このように心情を動機とする宇宙創造の理論(心情動機説)は創造説が正しいか生成
説が正しいかという一つの現実問題を解決することになる。すなわち、宇宙の発生に関
する従来の創造説と生成説の論争に終止符を打つ結果になるのである。そして生成説
(プロティノスの流出説、ヘーゲルの絶対精神の自己展開説、ガモフのビッグバン説、儒
教の天生万物説など)では、現実の罪悪や混乱などの否定的側面までも自然発生によ
るものとされて、その解決の道がふさがれているが、正しい創造説では、そのような否定
的側面を根本的に除去することができるのである。

心情と文化

次に、「心情は神の性相の核心である」という命題から心情と文化の関係について説明
する。神の性相は内的性相と内的形状から成っているが、内的性相は内的形状より内
的である。そして心情は内的性相よりさらに内的である。このような関係は、創造本然の
人間の性相においても同じである。それを図で表せば、図1—3のようになる。
これは心情が人間の知的活動、情的活動、意的活動の原動力となることを意味する。

すなわち心情は情的な衝動力であり、その衝動力が知的機能、情的機能、意的機能を
絶えず刺激することによって現れる活動がまさに知的活動、情的活動、意的活動なので
ある。人間の知的活動によって、哲学、科学をはじめとする様々な学問分野が発達する
ようになり、情的活動によって、絵画、音楽、彫刻、建築などの芸術分野が発達するよう
になり、意的活動によって、宗教、倫理、道徳、教育などの規範分野が発達するようにな
る。

創造本然の人間によって構成される社会においては、知情意の活動の原動力が心情
であり愛であるゆえに、学問も芸術も規範も、すべて心情が動機となり、愛の実現がその
目標となる9。ところで学問分野、芸術分野、規範分野の総和、すなわち人間の知情意
の活動の成果の総和が文化である。したがって創造本然の文化は心情を動機とし、愛の
実現を目標として成立するのであり、そのような文化は永遠に続くようになる。そのような
文化を統一思想では心情文化、愛の文化、または中和文化と呼ぶ。しかしながら人間始
祖の堕落によって、人類の文化は様々な否定的な側面をもつ非原理的な文化となり、興
亡を繰り返しながら今日に至った。これは人間の性相の核心である心情が利己心によっ
て遮られ、心情の衝動力が利己心のための衝動力になってしまったからである。

そのように混乱を重ねる今日の文化を正す道は、利己心を追放し、性相の核心の位置
に心情の衝動力を再び活性化させることによって、すべての文化の領域を心情を動機と
して、愛の実現を目標とするように転換させることである。すなわち心情文化、愛の文化
を創建することである。このことは「心情は神の性相の核心である」という命題が、今日の
危機から文化をいかに救うかというまた一つの現実問題解決の基準になることを意味す
るのである。

心情と原力

最後に心情と原力について説明する。宇宙万物はいったん創造されたのちにも、絶え
ず神から一定の力を受けている。被造物はこの力を受けて個体間においても力を授受し
ている。前者は縦的な力であり、後者は横的な力である。統一思想では前者を原力とい
い、後者を万有原力という(10)。

ところでこの原力も、実は原相内の授受作用、すなわち性相と形状の授受作用によっ
て形成された新生体である。具体的にいえば、性相内の心情の衝動力と形状内の前エ
ネルギー(Pre-Energy)との授受作用によって形成された新しい力が原力(Prime Force)
である。その力が、万物に作用して、横的な万有原力(Universal Prime Force)として現れ
て、万物相互間の授受作用を起こすのである。したがって万有原力は神の原力の延長
なのである(11)。

万有原力が心情の衝動力と前エネルギーによって形成された原力の延長であるという
ことは、宇宙内の万物相互間には、物理学的な力のみならず愛の力も作用していること
を意味する(12)。したがって人間が互いに愛し合うのは、そうしても、しなくても良いという
ような、恣意的なものではなく、人間ならば誰でも従わなくてはならない天道なのである。
このように「心情と原力の関係」に関する理論も、また一つの現実問題の解決の基準と
なることが分かる。すなわち「人間は必ず他人を愛する必要があるのか」、「時によっては
闘争(暴力)が必要な時もあるのではないか」、「敵を愛すべきか、打ち倒すべきか」とい
うような現実問題に対する解答がこの理論の中にあることが分かる。

(2) ロゴス

ロゴスとは何か

ロゴスとは、統一原理によれば言または理法を意味する(『原理講論』、265 頁)。ヨハネ
による福音書には、神の言によって万物が創造されたことが次のように表現されている。
「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあ
った。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらない
ものはなかった」(ヨハネ1 ・1—3)。

統一思想から見れば、ロゴスを言というとき、それは神の思考、構想、計画を意味し、ロ
ゴスを理法というとき、それは理性と法則を意味する。ここで理性とは、本性相内の内的
性相の知的機能に属する理性を意味するのであるが、万物を創造したロゴスの一部で
ある理性は、人間の理性とは次元が異なっている。人間の理性は自由性をもった知的能
力であると同時に、概念化の能力または普遍的な真理追求の能力であるが、ロゴス内の
理性は、ただ自由性をもった思考力であり、知的能力なのである。

そしてロゴスのもう一つの側面である法則は、自由性や目的性が排除された純粋な機
械性、必然性だけをもつものである。法則は、時と場所を超越して、いつどこでも、たがわ
ずに作用する規則的なものである。すなわち、機械装置である時計の時針や分針が、い
つどこでも一定の時を刻むのと同様なものが法則の規則性、機械性なのである。

ロゴスとは理法である

理法とは、このような理性と法則の統一を意味する。ここでは主として、そのような理法
としてのロゴスを扱う。それはそうすることによって、また一つの現実問題の解決の基準
を立てるためである。現実問題とは、今日、社会の大混乱の原因となっている価値観の
崩壊をいかに収拾するかという問題である。

『原理講論』には、ロゴスは神の対象であると同時に二性性相(ロゴスの二性性相)をも
っているとされている(二六五頁)。これはロゴスが神の二性性相に似た一種の被造物で
あり新生体であることを意味するのであって、ロゴスは「性相と形状の合性体」と同様なも
のであると理解することができる。

しかし、ロゴスは神の言、構想であって、それによって万物が創造されたのであるから、
ロゴスそれ自体が万物と全く同じ被造物ではありえない。神の二性性相に似た神の対象
であるロゴスは思考の結果物である。すなわち、それは「完成された構想」を意味するも
のであり、神の心に描かれた一種の設計図である。われわれが建物を造るとき、まずそ
の建物に対する詳細な設計図を作成するように、神が万物を創造されるときにも、まず
万物一つ一つの創造に関する具体的な青写真または計画が作られるようになる。それ
がまさにロゴスなのである。

ところで設計図は建築物ではないとしても、それ自体は製作物すなわち結果物であるこ
とに違いない。同じように、ロゴスも構想であり設計図である以上、やはり結果物であり、
新生体であり、一種の被造物なのである。被造物はすべて神の二性性相に似ている。そ
れでは新生体としてのロゴスは、神のいかなる二性性相に似たのであろうか。それがま
さに本性相内の内的性相と内的形状である(13)。

言い換えれば、内的性相と内的形状が一定の目的を中心として統一されている状態が
まさにロゴスの二性性相なのである。あたかも神において、本性相と本形状が中和(統
一)をなす状態が神相であるのと同様である。ところでロゴスは言であると同時に理法で
もある。それでは、ロゴスを理法として理解するとき、ロゴスの二性性相とは具体的にい
かなるものであろうか。それはまさに理性と法則である。理性と法則の関係は内的性相と
内的形状の関係と同じであって、内的性相と内的形状の関係は後述するように主体と対
象の関係であるから、理性と法則の関係は主体と対象の関係になっている。

ロゴスは理性と法則の統一体

理性と法則の統一としてのロゴスによって万物が創造されたために、すべての被造物
には理性的要素と法則的要素が統一的に含まれている。したがって万物が存在し、運動
するとき、必ずこの両者が統一的に作用する。ただし低次元の万物であればあるほど、
法則的要素がより多く作用し、高次元であればあるほど、理性的要素がより多く作用す
る。

最も低次元である鉱物においては、法則的要素だけで理性的要素は全くないようであ
り、最も高次元である人間においては、理性的要素だけで法則的要素は全くないようで
あるが、実際は両者共に理性的要素および法則的要素が統一的に作用しているのであ
る。

したがって万物の存在と運動は、自由性と必然性の統一であり、目的性と機械性の統
一である。すなわち必然性の中に自由性が作用し、機械性の中に目的性が作用するの
である。ところで今まで、自由と必然の関係は二律背反の関係にあるように理解されてき
た。それはあたかも解放と拘束が正反対の概念であるように、自由と必然も正反対の概
念であるように感じられたからである。

しかし統一思想は、ロゴスの概念に関して、理性と法則を二律背反の関係とは見ない
で、むしろ統一の関係と見るのである。比喩的に言えば、それは列車がレールの上を走
ることと同じである。列車がレールの上を走るということは必ず守らなければならない規
則(法則)であって、万一、レールから外れると、列車自体が破壊されるだけでなく、近隣
の人々や建物に被害を与えるのである。ゆえに列車は必ずレールの上を走らなくてはな
らないのである。そのような観点から見て、列車の運行は順法的であり、必然的である。
しかしいくらレールの上を走るといっても、速く走るか、ゆっくり走るかは機関車(機関士)
の自由である。したがって列車の運行は全く必然的なもののように思われるが、実際は
自由性と必然性の統一なのである。

もう一つの例を挙げて説明しよう。自動車の運転手は青信号の時には前進し、赤信号
の時には停止するが、これは交通規則として誰もが守らなければならない必然性である。
しかし、いったん青信号になったのちには、交通安全に支障にならない限り、速度は自由
に調整することができる。したがって自動車の運転も自由性と必然性の統一なのである
(14)。

以上、列車の運行や自動車の運転において、自由性と必然性が統一の関係にあること
を明らかにしたが、ロゴスにおける理性(自由性)と法則(必然性)も同様に統一の関係に
あるのである。そのように、ロゴスの二性性相としての理性と法則は二律背反でなくて統
一であることを知ることができる。

ロゴスが理性と法則の統一であるために、ロゴスを通じて創造された万物は、大きくは
天体から小さくは原子に至るまで、すべて例外なく、理性と法則の統一的存在である。す
なわち万物は、すべて理性と法則、自由性と必然性、目的性と機械性の統一によって存
在し、運動し、発展しているのである。

この事実は今日の一部の科学者の見解とも一致している。例えば検流計(ポリグラフ)
の付着実験による植物心理の確認(バクスター効果(15))や、ジャン・シャロン(Jean
Charon, 1920-1998 )の複素相対論における電子や光子内の記憶と思考のメカニズムの
確認(16)、などがそうである。すなわち、植物にも心があり、電子にも思考のメカニズムが
あるということは、すべての被造物の中に理性と法則、自由性と必然性が作用しているこ
とを示しているのである。

ロゴスそして自由と放縦

次は、ロゴスと関連して自由と放縦の真の意味を明らかにする。自由と放縦に関する
正しい認識によって、また一つの現実問題が解決されるからである。今日、自由の名の
もとになされている様々な秩序破壊行為と、これに伴う社会混乱に対する効果的な対策
は何かということが問題になっているが、この問題を解くためには、まず自由と放縦の真
の意味が明らかにされなければならない。

『原理講論』には「原理を離れた自由はない」( 125 頁)、「責任のない自由はあり得な
い」(125 頁)、「実績のない自由はない」(126 頁)と書かれている。これを言い換えれば、
自由の条件は「原理内にあること」、「責任を負うこと」、「実績をあげること」の三つになる。
ここで「原理を離れる」というのは、「原則すなわち法則を離れる」という意味であり、「責
任を負う」とは、自身の責任分担の完遂を意味すると同時に、創造目的の完成を意味す
るのであり、「実績をあげる」とは、創造目的を完成し、善の結果をもたらすことを意味す
るのである(126 頁)。ところで責任分担の完遂や、創造目的の完成や、善の結果をもた
らすことは、すべて広い意味の原理的な行為であり、天道に従うことであり、法則(規範)
に従うことなのである。

したがって自由に関する三つの要件、すなわち「原理内にあること」、「責任を負うこと」、
「実績をあげること」は、一言で「自由とは原理内での自由である」と表現することができ
るのであり、結局、真の自由は法則性、必然性との統一においてのみ成立するという結
論になる。ここで法則とは、自然においては自然法則であり、人間生活においては価値
法則(規範)である。価値とか規範は秩序のもとにおいてのみ成立する。それゆえ規範を
無視するとか、秩序を破壊する行為は、本然の世界では決して自由ではないのである。
自由とは、厳密な意味では選択の自由であるが、その選択は理性によってなされる。し
たがって、自由は理性から出発して実践に移るのである。そのとき、自由を実践しようと
する心が生まれるが、それが自由意志であり、その意志によって自由が実践されれば、
その実践行為が自由行動になる。これが『原理講論』( 125 頁)にある自由意志、自由行
動の概念の内容である。

かくして理性の自由による選択や、自由意志や、自由行動はみな恣意的なものであっ
てはならず、必ず原理内で、すなわち法則(価値法則)の枠の中で、必然性との統一のも
とでなされなければならない。そのように自由は理性の自由であり、理性は法則との統
一のもとでのみ作用するようになっている。したがって本然の自由は理法すなわちロゴス
の中でのみ成立することができ、ロゴスを離れては存立することはできない。よく法則は
自由を拘束するもののように考えられているが、それは法則と自由の原理的な意味を知
らないことからくる錯覚なのである。

ところで、本然の法則や自由はみな愛の実現のためのものである。すなわち愛の中で
の法則であり自由である。真の愛は生命と喜びの源泉である。したがって本然の世界で
は、喜びの中で、法則に従いながら自由に行動するのである。それは、ロゴスが心情を
土台として形成されるからである。

ロゴスを離れた恣意的な思考や恣意的な行動は似非自由であり、それはまさに放縦で
ある。自由と放縦はその意味が全く異なる。自由は善の結果をもたらす建設的な概念で
あるが、放縦は悪の結果をもたらす破壊的な概念である。そのように自由と放縦は厳密
に区別されるものであるが、よく混同されたり、錯覚されている。それは自由の真の根拠
であるロゴスに関する理解がないからである。ロゴスの意味を正しく理解すれば、自由の
真の意味を知るようになり、したがって自由の名のもとでのあらゆる放縦が避けられ、つ
いには社会混乱の収拾も可能になるであろう。このようにロゴスに関する理論も、現実問
題解決のまた一つの基準になるのである。

ロゴスおよび心情と愛

終わりに、ロゴスと心情と愛の関係について述べる。すでに明らかにしたように、ロゴス
は言または構想であると同時に理法である。ところで言(構想)と理法は別のものではな
い。言の中にその一部として理法が含まれているのである。あたかも生物を扱う生物学
の中にその一分科として生理学が含まれているのと同じである。すなわち生物学は解剖
学、生化学、生態学、発生学、分析学、生理学など、いろいろな分科に分類されるが、そ
の中の一分科が生理学であるように、創造に関する神の無限なる量と種類を内容とする
言の中の小さな一部分が理法なのであり、それは言の中の万物の相互作用または相互
関係の基準に関する部分なのである。

言と理法は別個のものではないばかりでなく、言の土台となっている心情は、同時に理
法の土台になっている。あたかも有機体の現象の研究が生物学のすべての分科に共通
であるように、創造における神の心情が構想と理法の共通基盤となっているのである。
心情は愛を通じて喜ぼうとする情的な衝動である。心情が創造において言と理法の土
台となっているということは、被造物全体の構造、存在、変化、運動、発展など、すべての
現象が、愛の衝動によって支えられていることを意味する。したがって自然法則であれ、
価値法則であれ、必ずその背後に愛が作用しており、また作用しなければならない。一
般的に自然法則は物理化学的な法則だけであると理解されているが、それは不完全な
理解であって、必ずそこには、たとえそれぞれ次元は異なるとしても、愛が作用している
のである。人間相互間の価値法則(規範)には、愛がより顕著に作用しなければならない
のは言うまでもない。

先にロゴスの解説において、主として理性と法則、したがって自由性と必然性に関して
扱ったが、理法の作用においては、理法それ自体に劣らず愛が重要であり、愛は重要度
において理法を凌駕することさえあるのである。

愛のない理法だけの生活は、規律の中だけで生きる兵営のように、冷えやすく、中身の
ない粃のようにしおれやすいのである。温かい愛の中で守られる理法の生活においての
み、初めて百花が咲き乱れ、蜂や蝶が群舞する春の園の平和が訪れてくるのである。こ
のことは家庭に真の平和をもたらす真の方案は何かという、また一つの現実問題解決の
基準になるのである。すなわち心情を土台とするロゴスの理論は、家庭に対する真の平
和樹立の方案にもなるのである。

(3) 創造性

創造性とは何か

創造性は一般的に「新しいものを作る性質」と定義されている。統一原理において、創
造性を一般的な意味にも解釈しているが、それよりは「創造の能力」として理解している。
それは『原理講論』において「神の創造の能力」と「神の創造性」を同じ意味で使っている
のを見ても知ることができる(79 頁)。

ところで、神の創造性をそのように創造の性質とか創造の能力として理解するだけでは
正確な理解となりえない。すでに明らかにしたように、神の属性を理解する目的は現実問
題を根本的に解決することにある。したがって、神に関するすべての理解は正確で具体
的でなくてはならない。創造性に関しても同じである。したがって創造に関する常識的な
理解だけでは神の創造性を正確に把握するのは困難である。ここに神の創造の特性、
または要件が明らかにされる必要があるのである。

神の創造は偶発的なものではなく、自然発生的なものではさらにない。それは抑えるこ
とのできない必然的な動機によってなされたのであり、明白な合目的的な意図によって
なされたのであった。そのような創造がいわゆる「心情を動機とした創造」(心情動機説)
である。創造には、創造目的を中心とした内的および外的な四位基台または授受作用が
必ず形成されなければならない。したがって、神の創造性は具体的には「目的を中心とし
た内的および外的な四位基台形成の能力」と定義される。これを人間の、新しい製品を
つくるという創造に例えて説明すれば、内的四位基台形成は、構想すること、新しいアイ
デアを開発すること、したがって青写真の作成を意味し、外的四位基台形成は、その青
写真に従って人間(主体)が機械と原料(対象)を適切に用いて新製品(新生体)を造るこ
とを意味するのである。

神において、内的四位基台の形成は、目的を中心とするロゴスの形成であり、外的四
位基台形成は、目的を中心として性相と形状が授受作用をして万物を造ることである。し
たがって神の創造性はそのような内的および外的四位基台形成の能力であり、言い換
えれば「ロゴスの形成に続いて万物を形成する能力」である。神の創造性の概念をこの
ように詳細に扱うのは、創造に関連したいろいろな現実的な問題(例えば公害問題、軍
備制限ないし撤廃問題、科学と芸術の方向性の問題など)の根本的解決の基準を定立
するためである。

人間の創造性

次は、人間の創造性に関して説明する。人間にも新しい物を作る能力すなわち創造性
がある。これは相似の法則に従って、神の創造性が人間に与えられたものである。ところ
で人間は元来、相似の法則によって造られたので、人間の創造性は神の創造性に完全
に似るように、すなわち神の創造性を引き継ぐようになっていた(『原理講論』79、114、
259 頁)。しかし、堕落によって人間の創造性は神の創造性に不完全に似るようになった
のである。

人間の創造性が神の創造性に似るということは、神が創造性を人間に賦与することを
意味する(同上、131、259 頁)。それでは、神はなぜ人間に創造性を賦与しようとされた
のであろうか。それは人間を「万物世界に対する主管位に立たせて」(同上、132 頁)、「万
物を主管し得る資格を得させるため」(同上、114、131 頁)であった。ここで万物主管とは、
万物を貴く思いながら、万物を願うように扱うことをいう。つまり人間が愛の心をもって、
いろいろな事物を扱うことを万物主管というが、そこには人間生活のほとんどすべての領
域が含まれる。例えば経済、産業、科学、芸術などがすべて万物主管の概念に含まれる。
地上の人間は肉身をもって生きるために、ほとんどすべての生活領域において物質を扱
っている。したがって人間生活全体が万物主管の生活であるといっても過言ではないの
である。

ところで本然の万物主管は、神の創造性を受け継がなくては不可能である。本然の主
管とは、愛をもって創意的に事物を扱いながら行う行為、例えば耕作、製作、生産、改造、
建設、発明、保管、運送、貯蔵、芸術創作などの行為をいう。そのような経済、産業、科
学、芸術などの活動だけでなく、ひいては宗教生活、政治生活までも、それが愛をもって
物を扱う限りにおいて、本然の万物主管に含まれる。そのように本然の人間においては、
事物を扱うのに、愛とともに新しい創案(構想)が絶えず要求されるために、本然の主管
のためには神の創造性が必要になるのである。

人間は堕落しなかったならば、そのような神の創造性に完全に似ることができ、したが
って本然の万物主管が可能となったことであろう。ところが人間始祖の堕落によって、人
間は本然の姿を失ってしまった。したがって、人間が引き継いだ創造性は不完全なもの
になり、万物主管も不完全な非原理的なものになってしまった。
ここに次のような疑問が生ずるかもしれない。すなわち「神が相似の法則によって人間
を創造したとすれば、人間は生まれる時から本然の創造性をもっていたであろうし、した
がって堕落とは関係なく、その創造性は持続されたのではないか。実際、今日、科学技
術者たちは立派な創造の能力を発揮しているではないか」という疑問である。

相似の創造

ここで、相似の創造が時空の世界では具体的にどのように現れるかを説明する。神の
創造とは、要するに被造物である一つ一つの万物が時空の世界に出現することを意味
する。したがって神の構想の段階では、創造が超時間、超空間的になされたとしても、被
造物が時空の世界に出現するに際しては、小さな、未熟な、幼い段階から出発して、一
定の時間的経路を経ながら一定の大きさまで成長しなければならない。そして一定の大
きさの段階にまで完成したのちに、神の構想または属性に完全に似るようになるのであ
る。その時までの期間は未完成段階であり、神の姿に似ていく過程的期間であって、統
一原理はこの期間のことを成長期間といい、蘇生期、長成期、完成期の三段階(秩序的
三段階)に区分している(『原理講論』、77 頁)。

人間はこのような成長過程において、長成期の完成級の段階で堕落したのであった
(同上、78 頁)。したがって神の創造性を受け継ぐに際しても、本然の創造性の三分の二
程度だけを受け継いだのであり、科学者たちがいくら天才的な創造力を発揮するといっ
ても、本来神が人間に賦与しようとした創造性に比較すれば、はるかに及ばないといわ
ざるをえない。

ところで、被造物の中で堕落したのは人間だけである。万物は堕落しないでみな完成し、
それぞれの次元において神の属性に似ているのである。ここで次のような疑問が生ずる
であろう。すなわち万物の霊長であるといわれる人間が、なぜ霊長らしくなく堕落したの
かという疑問である。それは、万物が原理自体の主管性または自律性だけで成長するよ
うになっているのに対して、人間には、成長において、原理の自律性、主管性のほかに
責任分担が要求されたからである。

創造性と責任分担

ここで原理自体の自律性とは有機体の生命力をいい、主管性とは生命力の環境に対
する影響力をいう。例えば一本の木が成長するのは、その内部の生命力のためであり、
主管性はその木の生命力が周囲に及ぼす影響をいうのである。人間の成長の場合にも、
この原理自体の自律性と主管性が作用する。しかし人間においては、肉身だけが自律
性と主管性によって成長するのであり、霊人体はそうではない。霊人体の成長には別の
次元の条件が要求される。それが責任分担を完遂することである。

ここで明らかにしたいことは、霊人体の成長とは、肉身の場合のように霊人体の身長が
大きくなることを意味するのではない。霊人体は肉身に密着しているので、肉身の成長に
従って自動的に大きくなるようになってはいるが、ここでいう霊人体の成長とは、霊人体
の霊性の成熟のことであり、それは人格の向上、心情基準の向上を意味する。要するに、
神の愛を実践しうる心の姿勢の成長が、霊人体の成長なのである。

このような霊人体の成長は、ただ責任分担を完遂することによってのみなされる。ここ
で責任分担の完遂とは、神に対する信仰を堅持し、戒めを固く守る中で、誰の助けも受
けないで、内的外的に加えられる数多くの試練を自らの判断と決心で克服しながら、愛
の実践を継続することをいう。

神も干渉することができず、父母もいない状況で、そのような責任分担を果たすというこ
とは大変難しいことであったが、アダムとエバはそのような責任をすべて果たさなければ
ならなかった。しかしアダムとエバはそのような責任分担を果たすことができず、結局、サ
タンの誘惑に陥って堕落してしまった。それでは神はなぜ失敗しうるような責任分担をア
ダムとエバに負わせたのであろうか。万物のように、たやすく成長しうるようにすることも
できたのではないであろうか。

それは人間に万物に対する主管の資格を与えるためであり、人間を万物の主管主に
するためであった(創世記1 ・28、『原理講論』、131 頁)。主管とは、自分の所有物や自分
が創造したものだけを主管するのが原則であり、他人の所有物や他人の創造物は主管
しえないようになっている。ことに人間は万物よりあとに創造されたのであるから、万物の
所有者にも創造者にもなりえないはずである。しかし神は、人間を神の子として造られた
ために、人間に御自身の創造主の資格を譲り与え、主管主として立てようとされたのであ
る。そのために人間が一定の条件を立てるようにせしめて、それによって人間も神の宇
宙創造に同参したものと認めようとされたのである。

人間の完成と責任分担

その条件とは、アダムとエバが自己を完成させることである。すなわちアダムとエバが
誰の助けも受けないで自己を完成させれば、神はアダムとエバが宇宙を創造したのと同
様な資格をもつものと見なそうとされたのであった。なぜならば、価値から見るとき、人間
一人の価値は宇宙全体の価値と同じだからである。すなわち人間は宇宙(天宙)を総合
した実体相であり(『原理講論』、61、84 頁)、小宇宙(同上、84 頁)であり、また人間が完
成することによって初めて宇宙創造も完成するからである。イエスが「たとい人が全世界
をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、
その命を買いもどすことができようか」(マタイ16 ・26)と言われたのも、そのような立場か
らである。したがってアダムとエバが自ら自身を完成させれば、価値的に見て、アダムと
エバは宇宙を創造したのと同等な立場に立つことになるのである。

創造は、創造者自身の責任のもとでなされる。神が宇宙を創造されるのに神自身の責
任のもとでなされた。そしてアダムとエバが自身を完成させることは、創造主たるべきア
ダムとエバ自身の責任なのであった。そのような理由のために、神はアダムとエバに責
任分担を負わせたのである。

しかし神は愛の神であるゆえに、100 パーセントの責任をアダムとエバに負わせたので
はなかった。人間の成長の大部分の責任は神が負い、アダムとエバには5パーセンとと
いう非常に小さな責任を負わせて、その5パーセントの責任分担を果たしさえすれば、彼
らが100 パーセントの責任全体を果たしたものと見なそうとされたのであった。そのような
神の大きな恵みにもかかわらず、アダムとエバは責任分担を果たすことができずに堕落
してしまった。そのために結局、神の創造性を完全に受け継ぐことができなくなったので
ある。

万一、人間が堕落しなかったならば、いかなる結果になったであろうか。人間が堕落し
ないで完成したならば、まず神の心情、すなわち愛を通じて喜びを得ようとする情的な衝
動をそのまま受け継いで、神が愛の神であるように人間は愛の人間になったであろう。そ
して心情を中心とした神の創造性を完全に受け継ぐようになったであろう。
これはすべての主管活動が、心情を土台とし、愛を中心とした活動になることを意味す
る。すでに述べたように、政治、経済、産業、科学、芸術、宗教などは、物質を扱う限りに
おいて、すべて主管活動であるが、そのような活動が神から受け継いだ創造性(完全な
創造性)に基づいた愛の主管活動に変わるようになるのである(17)。

本然の創造性と文化活動

心情の衝動力を動機とする知情意の活動の成果の総和を文化(心情文化)というが、
その知情意の活動がみな物質を扱うという点において共通であるために、文化活動は結
局、創造性による主管活動であると見ることができる。

ところで今日の世界を見るとき、世界の文化は急速に没落しつつある。政治、経済、社
会、科学、芸術、教育、言論、倫理、道徳、宗教など、すべての分野において方向感覚を
喪失したまま、混乱の渦の中に陥っているのである。ここで何らかの画期的な方案が立
てられない限り、この没落していく文化を救出することはほとんど絶望的であると言わざ
るをえない。

長い間、鉄のカーテンに閉ざされたまま強力な基盤を維持してきた共産主義独裁体制
が、資本主義体制との対決において、開放を契機として崩れ始め、今日、資本主義方式
の導入を急いでいる現実を見つめて、ある者は資本主義の経済体制と科学技術の優越
性を誇るかもしれない。しかしそれは近視眼的な錯誤である。なぜなら資本主義経済の
構造的矛盾による労使紛争、貧富の格差の増大とそれに伴う価値観の崩壊現象、社会
的犯罪の氾濫、そして科学技術の尖端化に伴う犯罪技術の尖端化、産業の発達に伴う
公害の増大などは、資本主義の固疾的な病弊であって、それらは遠からず、必ずや資
本主義を衰退させる要因となることを知らないでいるからである。

万物主管という観点から見るとき、今日の文化的危機の根本原因は、遠く人類歴史の
始めまでさかのぼって探さなければならない。それは人間始祖の堕落によって人間が神
の創造性だけでなく神の心情と愛を完全に受け継ぐことができなかったことによって、自
己中心的な存在となり、利己主義が広がるようになったことにあるのである。

したがって今日の文化を危機から救う唯一の道は、自己中心主義、利己主義を清算し、
すべての創造活動、主管活動を神の愛を中心として展開することである。すなわち世界
の各界各層のすべての指導者たちが神の愛を中心として活動するようになるとき、今日
の政治、経済、社会、教育、科学、宗教、思想、芸術、言論など、様々な文化領域の交錯
した難問題が、根本的にそして統一的に解決され、ここに新しい真の平和な文化が花咲
くようになるであろう。それは共産主義文化でもなく、資本主義文化でもない新しい形態
の文化であり、それがまさに心情文化、愛の文化であり、中和文化なのである。このよう
に神の創造性に関する理論もまた現実問題解決の基準となっていることを知ることがで
きるであろう。以上で原相の内容に関する説明をすべて終える。