2存在論 連体 存在格位

(四) 存在格位

すべての個体には、必ずそれぞれの存在位置が与えられている。そのとき個体に与えられている位置のことを存在格位という。一個体は他の個体とともに主体と対象の関係、すなわち授受の関係を結んでいるが、そこに主体と対象の格位の差が生じるのである。

連体から見た存在格位

一個体は個性真理体であると同時に連体であるために、対象の位置(対象格位)にありながら、同時に主体の位置(主体格位)にもある。その結果、数多くの個体が上下、前後、左右に連結されて、位置(格位)の系列を成すのである。その位置の系列がすなわち秩序である。このような主体格位と対象格位の系列、すなわち連体の系列は、原相における主体と対象の格位が、三次元の空間の世界である被造世界に展開してできたものである。

宇宙には無数に多くの星があるが、それらがみな連体であるために、格位の差異を通じて授受作用を行いながら、一大秩序体系を形成している。そのような宇宙の秩序は原相の二段構造に似た存在の二段構造が、連続的、段階的に拡大し、形成されたものなのである。連体は二重目的体でもあり、宇宙のすべての存在は連結されているのである。かくして宇宙は一大有機体となっているのである。そのような有機体秩序の最上位に人間が位置しており、人間の上に神が位置しているのである。

縦的秩序と横的秩序

宇宙の秩序には縦的な秩序と横的な秩序がある。宇宙の縦的秩序の例を挙げれば、次のようである。月(衛星)と地球(惑星)は対象と主体の関係で授受作用を行っている。また地球は太陽と授受作用を行って、他の惑星と共に太陽系を形成しているが、そのとき、地球が対象で太陽が主体である。次に太陽は他の多くの恒星と共に銀河系の中心にある核恒星系と授受作用を行って銀河系を形成している。そのとき、太陽は対象で銀河系の中心である核恒星系は主体である。さらに銀河系は他の多くの銀河系と共に宇宙の中心部と授受作用をして、宇宙全体を形成している。そのとき、銀河系は対象で宇宙の中心部が主体である。このような衛星、惑星、恒星、核恒星系、宇宙の中心からなる系列が宇宙の縦的な秩序である。

次は、宇宙の横的な秩序の例を挙げてみよう。太陽系を見ると、太陽を中心として水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星という、九つの惑星が横的に秩序正しく配列している。太陽を中心としたこれらの惑星間の配列が太陽系における横的な秩序である。このような横的秩序が惑星をもつ他の恒星にも現れているのはもちろんである。太陽系の太陽を中心とした縦的な秩序と横的な秩序を図に表すと図2—7のようになる

宇宙秩序と家庭秩序

家庭も、宇宙のような秩序体系を成しているのが、その本来の姿である。家庭には孫、子女、父母、祖父母、曾祖父母という縦的な秩序と、父母を中心とした子女たちの兄弟姉妹の序列としての横的な秩序があるのである。家庭の縦的な秩序と横的な秩序を図で表せば、図2—8のようになる。

構成要素という観点から見れば、人間は小宇宙であり、宇宙の縮小体である。そして秩序という観点から見れば、家庭は宇宙の縮小体であり、宇宙は家庭の拡大型である。一つの銀河系の中には、太陽系のような惑星系が無数にあり、また宇宙には銀河系が無数にあると言われている。したがって宇宙は無数の天体家庭の集合体であると見ることができる。

ところで宇宙において、円満な授受作用によって秩序が維持されている。太陽系では、太陽を中心にした九つの惑星が、太陽との授受作用によって、それぞれ一定の軌道を回りながら円盤形を保っている。銀河系は、約二千億の恒星から成っているが、それらの恒星は銀河系の中心にある核恒星系との授受作用によって、それぞれ一定の軌道を回りながら、全体が凸レンズ状の形を成している。また宇宙には約二千億の銀河があるが、それぞれの銀河が宇宙の中心と授受作用を行いながら、一定の軌道を回り、宇宙全体の統一を成しているのである。

このような宇宙の秩序が家庭にも適用される。宇宙において、天体相互間の円満で調和的な授受作用(天道)によって、宇宙の秩序と平和が維持されるように、家庭においても家族相互間の円満で調和的な授受作用の法則、すなわち愛の道理によって、家庭の秩序と平和が維持されなければならない。この愛の道理がまさに倫理であり、天道に対応する家庭の規範である。ところが人間の堕落のために、家庭は本来の秩序の姿を失ってしまった。それゆえ家庭倫理が破綻し、不和が生じるようになったのであり、家庭の延長であり、拡大型である社会にも絶えず混乱が引き起こされているのである。