教育論

第五章 教育論

今日、青少年の脱線、性道徳の退廃、校内暴力事件の頻発などに見られるように、民
主主義社会の教育は危機に瀕している。しかし、このような混乱を救いうる教育理念は
見あたらず、今日の教育は方向感覚を失っている。師弟の道も崩壊している。すなわち
生徒は先生を尊敬せず、先生は権威と情熱を失っている。その結果、先生は知識を売り、
生徒は知識を買うというような関係になって、学校は知識の売買場にまで転落する傾向
が見られるのである。このような状況に共産主義が大学界に浸透し、学内を争乱の場と
させてきたのである。

民主主義の教育理念とは、主権在民、多数決主義、権利の平等などの民主主義の原
則を守りながら、他人の権利を尊重し、自己の責任を果たし、その上で自己の権利を主
張する市民、すなわち民主的市民を養成することであるといえよう。

ところでこのような教育理論に対して、共産主義者たちは次のように攻撃した。階級社
会において、支配層が労働者や農民の権利を尊重しうるだろうか。階級社会において義
務と使命を果たすとは、権力層の忠実な僕となることではないか。それは真なる民主主
義ではない。真なる民主主義とは、人民大衆である労働者や農民のための民主主義、
すなわち人民民主主義である。したがって真なる民主主義教育は人民のための教育で
なくてはならず、真なる教育を行うためには資本主義社会を打倒し、社会主義社会を建
設しなくてはならない。そのように宣伝した。

共産主義のこのような讒訴は資本主義社会における搾取、抑圧、不正、腐敗などの社
会的構造悪が残っている限り、説得力を失わないであろう。したがって、なんとしても、こ
のような社会悪を除かなくてはならない。そのためには神の真の愛を基盤とした、新しい
価値観運動が展開されなくてはならず、新しい教育理念が確立されなくてはならないの
である。

新しい教育理念は、人間の成長に対して本来神が願われた基準を根拠として立てられ
なければならない。それは混迷した今日の教育に方向性を提示し、未来社会に対して教
育のビジョンを提示しうるものでなければならない。すなわち、来たるべき未来の理想社
会に対備するための教育論でなければならない。本教育論(統一教育論)はまさにその
ような教育論として提示されるものである。

ところで教育理論には二つの側面がある。一つは教育の理念、目標、方法などに関す
るもので、いわゆる教育哲学がそれに当たる。他の一つは、客観的な立場で教育現象を
扱うものであって、教育科学がそれにあたる。教育課程(カリキュラム)、教育評価、学習
指導、生徒指導、教育行政、教育経営などを研究するものである。

教育において、この二つの側面は、性相と形状の関係にある。つまり教育哲学は性相
的教育学であり、教育科学は形状的教育学であるということができる。ところが今日、教
育科学が科学尊重の潮流の中で大きく発展したにもかかわらず、教育哲学は軽視され、
衰退している。今日の教育が方向感覚を失っているということは、とりもなおさず教育哲
学の不在を意味する。したがって、今日、切に要求されているのは、新しい教育哲学の
確立である。統一教育論はまさにそのような要望に答えようとするものである

一統一教育論の原理的根拠

(一) 神への相似性と三大祝福

神は御自身のかたちに人間を創造された(創世記一・二七)。そして創造が終わると神
は人間に「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。海の魚と、空の鳥と、地に動くす
べての生きものとを治めよ」(創世記一・二八)という祝福(三大祝福)を与えられた。それ
が教育の根拠となる。すなわち教育とは、神に似るように子女を養育せしめることであり、
子女が神に似るように導く努力である。神に似るとは、神相と神性に似ることをいう。人間
は生まれながらにして、神相(性相と形状、陽性と陰性、個別相)をもっているが、それは
極めて未熟な状態にあるのであり、成長しながら次第に神の神相に似ていくのである。
神性の場合はなおさらそうである。それで神に似るとは、神相においては、神の性相と形
状、陽性と陰性、個別相に、神性においては、神の心情、理法、創造性に似るようになる
ことを意味する。

神が人間に与えた祝福において、「生めよ」( be fruitful)とは個体の人格を完成せよと
いう意味であり、「ふえよ、地に満ちよ」とは、夫婦になって子孫を繁殖しなさいという意味
であり、「地を従わせよ……すべての生きものを治めよ」とは、万物を主管せよという意味
である。この三大祝福を成就することによって、人間は神の神相とともに、神の神性つま
り心情、理法、創造性を受け継いで、完全性、繁殖性、主管性において、神に似るように
なるのである(図5—1)。次に完全性、繁殖性、主管性に関して具体的に説明することに
する。この三大祝福において教育の理念が立てられるためである。

完全性

イエスは「あなた方の天の父が完全であられるように、あなた方も完全な者となりなさ
い」(マタイ五・四八)といわれた。これは神の完全性に似なさいということである。完全性
とは性相と形状の統一のことをいう。神において、性相と形状は主体と対象の関係にお
いて、心情を中心として円満な授受作用を行い、合性一体化をなしている。この状態が
完全性である。

したがって神の完全性に似るとは、人間においても、心情を中心として性相と形状が一
つになることを意味する。本性論で述べたように、人間の性相と形状には四つの類型が
あるが、ここではそのうち生心と肉心のことをいう。生心と肉心が一つになるためには、
生心が主体、肉心が対象にならなければならない。すなわち生心が肉心を主管しなけれ
ばならない。生心は真善美の価値を追求し、肉心は衣食住および性を追求する。したが
って生心と肉心が一つになるとは、真善美の生活を第一次的に、衣食住の生活を第二
次的に追求することを意味するのである。

生心と肉心の授受作用の中心は心情であり、愛である。結局、愛を基盤とした真善美
の生活を中心にして、衣食住の生活が営まれなければならないのである。それがすなわ
ち神の完全性に似ることである。人間は幼い時には、真善美の価値はよく分からないが、
成長するにつれて、次第に心情が発達して、愛を中心とした真なる生活、善なる生活、美
なる生活をするようになる。そうして次第に神の完全性に似ていくのである。

ところで人間は霊人体と肉身の二重的存在であるから、人間の成長には霊人体の成
長と肉身の成長がある。人間に与えられた「生育せよ」という第一祝福は、肉身の成長の
意味もあるが、主として霊人体の成長すなわち心霊基準の向上を意味しているのである。
しかし霊人体も肉身を土台にして、すなわち肉身との授受作用によって成長するのであ
る。そのようにして成長すれば神の完全性を相続させるということである。したがってこれ
は第一の予約祝福である。

繁殖性

次は神の繁殖性に似るということ、すなわち人間が子女繁殖の段階にまで成長すると
いうことである。それは神が陽性と陰性の調和体であるように、その陽性と陰性の調和に
似るということである。人間における陽性と陰性の調和とは夫婦の調和をいう。神の属性
である性相と形状の授受作用(統一)と、陽性と陰性の調和によって人間が創造された
のであるが、それは神の繁殖性によるのである。それで人間も心と体の統一と陽性と陰
性の調和によって、子女を繁殖するのである。

神の繁殖性に似なさいとは、神のように陽性と陰性が円満な授受作用をなすことので
きる能力を備えなさいということを意味する。それは一人の男性と一人の女性が結婚して
子女を繁殖する資格を備えるように成長しなさいという意味である。すなわち男性は男性
としての資格を完全に備え、女性は女性としての資格を完全に備えなさいということであ
る。言い換えれば、夫としての道理、妻としての道理を果たすことができる段階にまで成
長しなさいということである。そしてそのような資格を備えるようになったら、結婚して子女
を繁殖しなさいということである。したがってこれは第二の予約祝福である。

主管性

さらに人間は神の主管性に似なければならない。主管性に似るということは、神の創造
性に似るということである。神の創造性とは、心情(愛)を中心として対象(新生体)をつく
る能力をいう。神はその創造性をもって人間および万物を創造し、主管されようとしたの
である。本来、人間はそのような神の創造性を与えられている。したがって人間は、心情
を中心として万物を主管するようになっているのである。すなわち人間は成長すればそ
のような能力を備えるようになるのであり、それが第三の予約祝福である。

すべての産業活動も万物主管である。例えば農民は田畑を耕すが、それは人間の土
地に対する主管である。労働者は工場で機械を用いて原料を製品にするが、それは機
械や原料に対する主管である。また漁業は海や魚に対する主管であり、林業は山や木
に対する主管である。

万物を主管するということは、万物に対して創造性を発揮することである。創造性を四
位基台の側面から見れば、内的四位基台と外的四位基台を形成する能力をいう。したが
って農業においては、農民はアイデアに基づいて創意的に、さらに多くの収穫をあげよう
と努力するのである。商業においてもアイデアと創意がなければ成功できない。要するに
農業、鉱業、工業、商業、林業、漁業などは、みな人間の創造性発揮の対象であり、万
物主管の営みである。科学や芸術も万物主管の範疇に入る。さらに社会を主管するこ
と、すなわち政治も万物主管の中に入る。

ところが、人間は堕落によって神の創造性を受け継ぐことができなかった。神の創造性
は心情を中心とした創造性であるが、堕落のために、心情を中心としないで、利己心を
中心とした創造性になってしまった。そのために人間は、そのような自己中心的な創造性
でもって、社会や自然に被害を及ぼすことが多かったのである。戦争の武器の生産だと
か、公害の増大などが、その例である。したがって教師は新しい教育論の立場から、学
生たちが心情を中心とした創造性を発揮するように、すなわち神の主管性に似るように
導かなくてはならない。

(二) 人間の成長過程

人間は神に似るように造られたが、生まれるとすぐ神に似るわけではない。神に似るよ
うになるためには、一定の成長期間がなければならない。被造世界は時間・空間の世界
であるからである。それで人間は蘇生、長成、完成の三段階を経過して成長して、初めて
神に似るようになる。すなわち完全性、繁殖性、主管性において神に似るようになるので
ある。したがって成長とは神に似てゆく過程であるが、それは神の人格的な側面と神の
陽陰の調和の側面、そして神の創造性に似ていく過程のことをいうのである。

神が人間に与えた三大祝福とは、人間が成長したとき、神の完全性、繁殖性、主管性
を相続するという意味の祝福である。だから三大祝福は三大予約祝福である。ところが
人間始祖の堕落によって、人間に与えられた三大祝福は成就されなかった。この三大祝
福は創世記に書かれているように、「……せよ」という命令形式の祝福である。たとえ人
間が堕落したとしても、神の命令が取り消されたのではなくて、命令(祝福)それ自体は
今日まで有効である。これは天意が人間の潜在意識を通じて、三大命令すなわち三大
祝福を成就するように働きかけてきたことを意味する。それで人間は、無意識のうちにも、
三大祝福を実現する方向に努力してきたのである。すなわち堕落社会にあっても、人間
はみな我知らず、そのような天意に従って、たとえ不十分であるとしても、人格的に成長
し、良い相手を見つけて家庭を築き、自然を支配し、社会を改善しようと努力してきたの
である。人間に成長欲、結婚欲、支配欲、改善欲などがあるのはそのためである。そうで
あるとしても、そのような欲望は今日まで完全には達成されなかった。それは人間始祖の
堕落のためであった。

そのように本然の世界において、人間は三大祝福を完成するために成長してゆかなけ
ればならない。人間以外の万物も成長するが、万物の場合、原理自体の自律性と主管
性によって成長する。生命の赴くままに任せておけば、自然に成長するのである。原理
自体の自律性と主管性とは、まさに生命を意味するのである。ところが人間の場合、肉
身は万物と同様に原理自体の自律性と主管性によって成長するが、霊人体の成長はそ
うではない。霊人体は責任分担を全うすることによって成長するようになっているのであ
る。人間に責任分担が課せられているのはそのためである。責任分担によって成長する
とは、人間が自らの責任と努力によって人格を向上させていくことを意味する。したがっ
て人間は自由意志によって規範(原理)を守りながら、神の心情を体恤するように努力
しなければならないのである。

人類始祖であるアダムとエバは、神の戒めを守りながら成長して、神の心情を体恤した
あと、夫婦となり、神の真の愛を実現しなくてはならなかった。そしてアダムとエバは全人
類を代表した最初の人類の先祖とならなくてはならなかったので、彼らには自己の責任
分担のみならず、後孫の責任分担の大部分までも担わされていたのである。だから神は、
アダムとエバの責任分担には絶対に干渉されなかった。

アダムとエバが神のみ言を守りながら、自らの力でそのような厳しい責任分担を全うし
ていたならば、その子孫たちはいたって少ない責任分担だけで、すなわち父母の教えに
従順に従うだけで完成できるようになっていた。そのような内容のためにアダムとエバの
場合は、誰かの助けを受けることなく、純粋に自分たちの責任だけで三大祝福を完成し
なければならなかった。ここでアダムとエバが完成したのちに、子女が父母の教えに従順
に従うということは、父母の教え、すなわち父母の教育を受けなくてはならないことを意味
するのである。

ここに父母の子女に対する教育の必要性が生じる。子女が果たすべき責任分担のた
めに父母による教育が必要なのである。ここに教育の理念が立てられる。すなわち、父
母が子女を教えて三大祝福を完成できるように導くというのが教育理念となるのである。
したがって教育の本来の場は父母が常に住んでいる家庭でなくてはならない。しかし文
化の発達とともに、情報量や教育内容が増大するようになり、現実的には不可能なので、
教育の場は必然的に家庭から教育を専門にする学校へ移るしかなかった。その代わり、
学校では先生は父母の代わりに教育するのである。したがって教師は父母の心情で、父
母の代身として学生を教えなければならない。それが本来の教育のあり方である。

(三) 教育の三大理念

統一教育論において、教育の目標とは、被教育者が神の完全性、繁殖性、主管性に似
るようにせしめるということである。それが統一教育論の教育の理念となる。
ここで神の完全性に似るということは、個体完成(個性完成)をいう。個体完成は第一祝
福の完成であり、人格の完成をいう。また繁殖性に似るとは家庭完成をいう。これは男性
と女性が将来、結婚して、夫婦の調和を現し、円満な家庭を実現することをいう。すなわ
ち第二祝福の完成をいう。そして主管性に似るとは主管性完成をいう。これは万物の主
管のために神の創造性に似ることをいう。すなわち第三祝福の完成をいうのである。
このように統一教育論における教育の理念は三大理念からなるが、それは第一祝福完
成のための個体完成(個性完成)、第二祝福完成のための家庭完成、そして第三祝福完
成のための主管性完成をいうのである。