歴史論

第八章 歴史論

ここで扱う歴史論は、史実をそのまま記述するものではない。人類歴史はいかにして始
まり、いかなる法則によって進んできて、またいかなる方向に向かって進んでいくのかな
ど、歴史解釈に対する見解を明らかにするものである。それは統一思想に基づいた歴史
解釈をいうのであり、一つの歴史哲学である。ゆえにこの歴史論を統一歴史論または統
一史観ともいう。

それでは歴史論が必要な理由は何であろうか。それは人類の未来像を確立することに
より、歴史の正しい方向性を提示するためである。それによって現実問題を解決する方
案が導かれるからである。言い換えれば、今日の複雑な世界の問題の根本的解決は、
明確なるビジョンをもった確固たる歴史観なくしては不可能である。

今日まで多くの歴史観が学者たちによって立てられたが、共産主義の歴史観すなわち
唯物史観ほど影響力のある歴史観はなかった。唯物史観は人類歴史を階級闘争の歴
史であると規定する。そして資本主義社会は、ブルジョアジーとプロレタリアートの階級闘
争、すなわち革命によって倒れて、必然的に共産主義社会が到来すると主張した。した
がって、それなりの未来のビジョンを提示したのである。共産主義者たちにとって、唯物
史観は革命を起こすための信念の原動力であった。したがって共産主義と自由主義との
対決は歴史観と歴史観の対決であったといっても過言ではないのである。

しかるに自由主義世界には、唯物史観に対処しうるような既存の歴史観を見いだすこ
とはできない。そのために自由主義世界は、その間、絶えず共産主義の攻勢と脅威に苦
しめられるほかはなかった。ところがそのような唯物史観も結局、倒れてしまった。それ
はまさに文先生の統一歴史論のためであるといっても言いすぎではない。統一史観は新
しい神観に基づいた史観であるが、今日までの数十年間、共産主義との理論的対決に
おいて唯物史観の虚構性を鋭く暴露してきたのである。そして歴史的な史実をもって、人
類歴史が神の摂理により統一された創造理想世界を目指して進んできたことを実証的に
解釈しているのである。

一統一史観の基本的立場

統一史観の基本的立場は、統一原理の復帰原理に基づいた立場であるが、歴史を三
つの観点から説明している。第一に罪悪史として、第二に再創造歴史として、第三に復
帰歴史として、歴史を見るのである。それから歴史の解釈にあたって、歴史に法則が作
用してきたのかという問題や、歴史の始元や方向の問題も提起されるために、そのよう
な問題に関してもここで扱うことにする。

罪悪史

まず統一史観が見る罪悪史について説明する。歴史は人間の堕落によって出発した
罪悪史である。そのために人類歴史は原理的、正常的な歴史として出発することができ
ず、対立と 藤、戦争と苦痛、悲しみと惨状などでつづられる混乱の歴史になった。した
がって歴史上に提起されるいろいろな問題の根本的な解決は、この堕落問題の解決なく
しては不可能である。

再創造歴史

次は人類歴史が再創造歴史であるということについて説明する。人類始祖の堕落のた
めに、人類は本然の人間と本然の世界を喪失した。したがって本然の人間は霊的な死
の状態に陥った。そして本然の人間と世界は未完成のまま失われてしまった。そのため
神は歴史を通じて人間を再創造し、世界を再建する摂理をなされるようになった。ゆえに
摂理歴史は再創造歴史となったのである。

したがって神が初めに人間と宇宙を創造されたときの法則(創造の法則)とみ言(ロゴ
ス)が、そのまま歴史の摂理にも適用された。神の創造はみ言で始められたから、再創
造もみ言によってなされたのである。しかし再創造といっても宇宙を再び造るわけではな
い。堕落は人間だけの堕落であるから、再創造は人間だけの再創造である。すなわち人
間だけをみ言で再創造すればよいのである。それで神は聖人、義人、預言者などの精神
的指導者を立てて、彼らを通じて人々に真理(み言)を伝え、人々を霊的に導いてこられ
たのである。

復帰歴史

次は復帰歴史について説明する。人類始祖の堕落によって、人間は本然の世界(エデ
ンの園)から追放され、本然の人間の姿を失い、非本然の姿または非原理的な姿になり、
非原理的な世界でさまようようになった。したがって本然の世界と本然の人間は、再び回
復されなければならない理想として残されたのである。

一方、神においても創造が失敗に終わらないためには、いかにしても非原理的な世界
と人間を本然の状態に復帰させなければならなかった。そのために神は、人類歴史の始
まりと同時に、罪悪の人間と罪悪の世界を本然の状態に復帰する摂理(復帰摂理)をな
されたのである。人類歴史が復帰摂理歴史となったのはそのような理由のためである。
ところで神は原理の神であり、人間の堕落は人間が一定の条件を守らないところにあっ
たので、復帰の摂理においても、一定の法則が作用するようになった。それが復帰の法
則であった。

歴史の法則性

歴史観を立てるに際して、歴史の中に法則を発見することは最も必要な条件の一つで
ある。しかし今日まで、歴史法則を提示した宗教家や学者はほとんどいなかった。例えば
キリスト教の摂理史観を見るとき、説得力のある法則は提示されなかった。そのために、
キリスト教史観は今日、科学(社会科学)とは認められず、学問分野から追い出されるよ
うになったのである。

近世に至り、ヘーゲルが歴史の説明に弁証法(観念弁証法)を適用して、人類歴史は
絶対精神(理性)が弁証法的に自己自身を外部の世界に展開してきた弁証法的発展の
過程であって、最後には自由が完全に実現する理性国家に到達すると主張した。ところ
がヘーゲルが理性国家であると考えていたプロシアは、自由が実現されないまま、歴史
とともに流れてしまった。ヘーゲルのいう歴史法則は現実から遊離したものであった。ま
た二十世紀に入って、トインビーが壮大な文明史観を打ち立て、文明の発生、成長、崩
壊、解体の過程を詳細に分析したが、そこにも明確な歴史法則は提示されなかった。し
かるにマルクスの唯物史観が歴史の法則を明示し、科学的な歴史観であると自称してき
たのである。

統一史観は、歴史に法則が作用してきたと主張するのはもちろん、その法則に創造の
法則と復帰の法則という二組の法則があることを明らかにしている。この法則こそ、実際
に歴史に作用した真の法則である。そのような歴史の法則が提示されることによって、唯
物史観の虚構性が如実に暴かれる。唯物史観の主張する法則とは、実は似非法則であ
り、独断的な主張にすぎないことが明らかになるからである。統一史観は、神学的立場で
ありながらも、見事に歴史法則を定立しているのであり、それによって今日まで非科学的
と見なされてきた神学的歴史観も社会科学として扱われるようになるのである。

歴史の始元と方向と目標

歴史はいつ、いかにして始まったのかという歴史の始元に関しては、統一史観は人間
の創造と堕落を歴史の始元と見る。これはキリスト教の摂理史観と同じ立場である。また
人類の始祖に関して、一元論(monogenism)か多元論(polygenism)かという問題がある
が、統一史観は人類の始祖はアダム・エバであるとする一元論を主張する。「創造は一
から始まる」というのが創造原理の法則であるからである。

それから歴史の目標は高い次元における創造理想世界への復帰であり、歴史の方向
はその復帰の方向である。したがって歴史の目標と方向は決定的である。しかし、いか
にしてその目標に到達するかは、決定されているのではない。神の摂理のもとで人間の
——特に摂理的な中心人物たちの——責任分担が果たされる時に、その時その時の摂理
のみ旨が成功裡に達成されるようになるのである。したがって歴史のたどる過程が直行
か迂回か、短縮か延長か、それは全く人間の努力いかんにかかっているのである。すな
わち歴史の過程は非決定的であって、人間の自由意志に委ねられているのである。特
に摂理的人物たちが、与えられた使命をいかに果たすかどうかにかかっているのである。
これを責任分担遂行あるいはただ責任分担という。

このように目標は決定的であるが過程は非決定的であると見る立場、すなわち歴史の
進行過程が人間の責任分担あるいは自由意志にかかっていると見る見解を責任分担論
(theory of respohsibility, responsibilism )と呼ぶ。

二創造の法則

歴史の法則をもう少し具体的に見てみよう。すでに述べたように、人類歴史は再創造歴
史であると同時に復帰歴史である。したがって歴史の変遷には創造の法則と復帰の法
則が作用したのである。ここでまず創造の法則について説明する。創造の法則には、(1)
相対性の法則、(2)授受作用の法則、(3)相克の法則、(4)中心の主管の法則、(5)三段階
完成の法則、(6)六数期間の法則、(7)責任分担の法則がある。

(一) 相対性の法則

被造物一つ一つは、内的に互いに相対関係を結んでいる二つの要素をもっている。主
体的要素と対象的要素がそうである。それだけでなく、個体は外的に他の個体との間に
主体と対象の相対的関係を結ぶことによって、存在し、運動する。このような関係のもと
で生物は生存し、繁殖し、発展する。ここで主体と対象が相対関係を結ぶということは両
者が相対することを意味する。ところで主体と対象が向かい合って対するに際して、共通
目的を中心として対する時と、共通目的なしに対する時がある。ここで主体と対象が共通
目的を中心として互いに向かい合って対すること、すなわち相対関係を結ぶことを特に
「相対基準を造成する」という。

このように一つの個体が必ず他者と主体と対象の相対関係を結ぶという事実を「相対
性の法則」という。したがって社会(歴史)が発展するための必須条件は、政治、経済、文
化、科学などのすべての分野において、主体と対象の相対的要素(相対物)が相対関係
を結ぶことである。このような相対関係が形成されなくては発展がなされない。主体と対
象の相対的要素とは、性相と形状、陽性と陰性、主要素と従要素(主個体と従個体)のこ
とをいう。

その例として、精神と肉体、心と体、イデオロギーと経済的条件(物質的条件)、精神的
文化と物質的文明、政府と国民、経営者と労働者、労働者と生産用具、機械の主要部分
と従属部分などを挙げることができる。そのような例はそれ以外にも数多くある。そしてそ
のような相対的要素が主体と対象の関係を結ぶことによって、政治、経済、文化、科学な
どのすべての領域での発展がなされるのである。

(二) 授受作用の法則

事物の内部において、主体と対象の二つの要素が相対関係を結ぶとき、一定の要素ま
たは力を授け受けする作用が起きる。主体と対象間のこのような相互作用を授受作用と
いう。この授受作用が行われるところで発展がなされる。歴史の発展もこのような授受作
用によってなされてきた。したがって歴史においても、あらゆる社会の分野で主体と対象
の相対的要素(相対物)が相対関係を結んだのちに、共通目的を中心として円満な授受
作用を行うときに、各分野での発展がなされたのである。

例えば国家が存在し繁栄するためには、政府と国民が国家の繁栄を目的として、主体
と対象の関係を結んで円満な授受作用を行わなくてはならない。また企業の繁栄のため
には、資本家、経営者、労働者、技術者、機械などが相互に主体と対象の関係をなして、
円満な授受作用を行わなくてはならない。したがって「相対性の法則」と「授受作用の法
則」は表裏一体の関係にあるのであり、この二つの法則を合わせて広義の「授受作用の
法則」ともいう。

授受作用は調和的であり、決して対立的、相衝的ではない。ところが唯物史観は対立
物の闘争によって歴史は発展すると主張する。しかし闘争は発展のための一つの契機と
はなりえても、闘争が行われる間は、かえって発展は停止するか、あるいは後退するだ
けである。だから発展に関する限り、唯物史観の主張は全く間違いであり、階級闘争を
合理化するための偽装理論にすぎなかったのである。

(三) 相克の法則

授受作用は主体と対象の相対的要素または相対的個体の間に行われるが、主体と主
体(あるいは対象と対象)は互いに排斥し合う。このような排斥現象を相克作用という。相
克作用は自然界においては、本来、潜在的なものにすぎないのであって、表面化される
ものではなく、主体と対象の授受作用を強化あるいは補完する役割をもっている。

例えば自然界において、陽電気と陽電気(あるいは陰電気と陰電気)は互いに排斥し
合うが、これは主体(陽電気)と対象(陰電気)の授受作用を強化、補完するための作用
なのであり、それ自体としては表面化されるものではない。したがって自然界においては
このような相克作用によって秩序が乱されることはない。

ところが人間社会における主体と主体の相克作用は、二つの指導者の間の対立として
現れる。革命時における新しい指導者と過去の指導者の対立がその例である。このよう
な相克作用において、二つの主体(保守派の主体と改革派の主体)はそれぞれの対象
層(人民大衆)と授受作用を行って各自の勢力を形成し、その結果、二つの勢力が対決
するようになるのである。そのとき、二つの主体(指導者)の中の、一方は神の摂理によ
り近い立場に立っており、他方はより遠い立場に立つようになる。前者を善の側といい、
後者を悪の側という。したがって社会における主体と主体の相克作用は善悪の闘争とし
て現れる。そしてその闘争において善の側が勝利すれば、歴史の進む方向は少しずつ
善の方向へ転換してゆくのである。

しかし、たとえ堕落した社会であっても、相克作用はその本来の授受作用の補完性を
現す場合もなくはなかった。例えば国家と国家、または民族と民族が平和的に競争しな
がら、文化的、経済的に共に発展していくという場合がそうである。

(四) 中心の主管の法則

主体と対象の授受作用において、主体が中心となり、対象は主体の主管を受けるよう
になる。その結果、対象は主体を中心として円環運動を行うようになる。自然界において
は、地球が太陽を中心として回り、電子が核を中心として回るというように、物理的な円
環運動が行われる。ところが人間社会における主体と対象の関係は、主体の心と対象の
心の関係であるから、対象の心が主体の命令、指示、依頼などによく従うという意味での
円環運動が行われるのである。

復帰歴史において、神は中心人物を立てて、彼を通じて神の摂理にかなう方向、すな
わち善なる方向へ社会を導かれるのであるが、その場合、社会環境を先に造成しておい
て、そののちに、中心人物をして、環境を神の摂理にかなう方向に収拾せしめられる。し
たがって中心人物には、常に環境を収拾(主管)すべき責任分担が与えられるのである。
そのように神の摂理において、中心人物が社会環境を主管することを中心の主管の法
則という。それは選民のみならず、あらゆる民族や国家の歴史においても適用される法
則であった。

神は人類歴史の中心史として、旧約時代にはイスラエル民族史を、イエス以後のキリ
スト教を中心とした新約時代には西洋史を摂理してこられた。旧約時代のノア、アブラハ
ム、ヤコブ、モーセ、列王、預言者たち、そして新約時代のアウグスティヌス、法王、ルタ
ー、カルヴァンなどのキリスト教の指導者や、フランク王国のカール大帝、英国のヘンリ
ー八世、アメリカ合衆国のワシントン、リンカーンなどの政治的指導者たちも、各時代に
立てられた中心人物たちであった。

一方、神の摂理を妨害するサタンも、自己を中心とした支配圏を確立しようとして、サタ
ン側の中心人物を立てて、彼を通じて神の摂理を妨害しながら、社会環境を主管しようと
してきた。汎ゲルマン主義を唱えて世界を制覇しようとしたヴィルヘルム二世(カイゼル)
やヒトラー、共産主義思想を確立したマルクス、共産主義革命を指導したレーニン、スタ
ーリン、毛沢東などが、そのような人物たちであった。彼らの思想や指導力なくして全体
主義の台頭や共産主義革命は決して起こりえなかった。

トインビーは「文明の成長は創造的個人もしくは創造的少数者によってなしとげられる
事業である(1)」と述べた。そして多数者である大衆は創造的個人または創造的少数者に
指導を受けて、彼らに従っていくという。トインビーのこの主張は、歴史に中心の主管の
法則が通用されてきたことを語っている。

唯物史観は唯物論の立場から、指導者よりも環境(社会環境)をより重視して、社会環
境の基盤である人民大衆が社会発展において決定的役割を果たすのであり、指導者は
一定の社会的条件の制約を受けながら活動するだけであると主張する。これは、精神は
物質から発生するので精神は物質の制約を受けるように、指導者の精神は物質的環境
である社会環境の制約を受けるという唯物論を根拠とした主張である。そのように共産
主義は、社会環境(人民大衆)を物質的概念として、中心人物(指導者)を精神的概念と
して扱っているのである。しかしこれは正しい見解ではない。指導者が主体、人民大衆は
対象であって、指導者はその宗教的あるいは政治的な理念をもって、大衆や社会を一定
の方向へと導いているのである。

(五) 三段階完成の法則

創造原理によれば、すべての事物の成長や発展は、蘇生、長成、完成の三段階の過
程を通じてなされる。例えば植物は、種から芽が出る段階、茎が伸び葉が茂る段階、花
が咲き果実が実る段階を通じて完成する。この法則が歴史にも適用されて、三段階の過
程を通じて再創造の摂理がなされた。すなわち、ある一つの摂理的な行事が失敗に終わ
れば、同様な摂理が三次まで繰り返されて、三段階目には必ず完成するという法則であ
る。

例えば復帰摂理の基台を立てようとした摂理は、カインとアベルの献祭の失敗によって、
アダム家庭においてなされなかったが、ノア家庭を経てアブラハム家庭に至り、初めて果
たされたのである。またアブラハム家庭においても、アブラハムの代においてなそうとし
た復帰基台造成の摂理が、アブラハムの祭物失敗により、イサクの代を経て三代目であ
るヤコブに至って初めて果たされるようになったのである。後のアダムであるメシヤの降
臨においても同じである。アダムが堕落することによって創造目的を実現することができ
なかったために、神は第二のアダムとしてイエスを送られた。しかし十字架刑によって、イ
エスも創造目的を完全には果たすことができなかったために、第三のアダムとして再臨
主を降臨させられるのである。

再臨主を迎えるための準備期間である近世において、ヘブライズム復興運動とヘレニ
ズム復興運動が、それぞれ三段階の過程を通じて展開された。ヘブライズム復興運動と
は、神本主義運動すなわち宗教改革をいうのであるが、ルター、カルヴァンを中心とする
第一次宗教革命に続いて、ウェスレー、フォックスらによる第二次宗教改革が起こり、そ
して今日、統一教会を中心として第三次宗教改革(第三次神本主義運動)が展開されて
いる。他方、ヘレニズム復興運動とは、人本主義運動をいうのであるが、第一次人本主
義運動であるルネサンス(文芸復興)に続いて、第二次人本主義運動として啓蒙思想運
動が起こり、さらに今日、第三次人本主義運動である共産主義運動が展開したのである。
ヘブライズムの復興運動(神本主義運動)は神の側の復興運動として展開され、ヘレニ
ズムの復興運動は人本主義運動として展開された。人本主義運動は人間を次第に神か
ら分離させるサタン側の運動であった。この運動が最後に無神論(共産主義)に流れた
のはそのためである。ところで神本主義運動が三段階を通じて成功すれば、サタン側の
思想運動である人本主義運動は必然的に失敗するようになる。したがって神側の三段階
完成の法則は、サタン側においては三段階必滅の法則となるのである。すなわち第三次
神本主義運動である統一教会運動の成功と、第三次人本主義運動である共産主義運
動の滅亡は、共に必然的なことなのである。

(六) 六数期間の法則

聖書によれば、神の宇宙創造において、アダムの創造までに六日かかったとされてい
る。すなわち、アダムの創造は六数期間を前に立てて行われたのであり、この期間はア
ダムをつくるための準備期間であった。同様に、再創造歴史においても、第二アダムであ
るメシヤ(イエス)降臨の六数期間前、すなわち前六世紀から神はメシヤを迎えるための
準備を始められたのである。

紀元前六世紀ごろ、神はユダヤ民族をバビロンの捕虜にせしめて彼らが不信仰を悔い
改めるようにさせられたが、それは六世紀後に降臨されるメシヤを迎えるための準備で
あった。紀元前六世紀ごろ、中国には孔子(ca.551-479 B.C.)が現れて儒教を立てた。そ
して孔子以後、六世紀をかけて、諸子百家として知られている多くの思想家が現れ、中
国思想の黄金時代を築き上げた。インドにおいても、紀元前六世紀に釈 (ca.565-485
B.C.)が現れて仏教を立てた。またそれと前後してウパニシャッド(奥義書)と呼ばれる古
代インド哲学書が出現した。同じころ、中東地方ではゾロアスター教が起こり、ギリシアで
は哲学、芸術、科学などが飛躍的に発展した。これらはみなメシヤを迎えるための準備
であった。神はこのようにして、それぞれの地域の人々を彼らに適した方法で宗教的また
は思想的に善なる方向に導いて、彼らがメシヤを迎えることができるように準備されたの
である。

実存主義哲学者であるヤスパースは、紀元前五〇〇年ごろを前後して、シナ、インド、
イラン、パレスチナ、ギリシアなどで相互に何の関係もなく、精神的指導者たち(宗教の開
祖や哲人)が現れたことに注目し、その時代を「枢軸時代」と呼んだ(2)。ほぼ同じ時代に、
そのような精神的指導者たちが、互いに約束でもしたかのように世界各地に現れた理由
は何であろうか。彼はそれを歴史的な秘密であり、解くことのできない謎であるといった
(3)。その謎は、六数期間の法則を理解することによって解けるようになるのである。
再臨の時にも同様である。第三アダムである再臨のメシヤを迎える時にも、メシヤ降臨
の六数期間前から神は再臨を迎える準備を始められたのである。それが十四世紀ごろ
から胎動し始めて、十六世紀になって本格化した、宗教改革とルネサンスであった(4)。十
八世紀末に起きた産業革命、そしてその後の科学と経済の飛躍的な発展も、やはりその
ための準備であった。すなわち神は復帰摂理歴史において、二十世紀に再臨主を地上
に送るために、そのような準備をなされたのである。

イエスを迎えるために、六世紀前に現れた宗教家、哲学者たちは、メシヤの道を準備す
る使命をもつ天使長の立場にあった。したがって彼らの語った愛と真理は完全なもので
はなく、部分的なものであった。神の子であるメシヤだけが真の愛を実践し、絶対的な真
理を説くことができ、その愛と真理を通じて、初めてそれまでの宗教や思想のすべての未
解決の問題を解決することができるのである。それまでの宗教の教理や哲学の内容は、
神が天使を通じて教えた、不完全な愛であり、不完全な真理であるために、メシヤが降
臨する時が来れば、結局、未解決の問題があらわになる。そして無力化するようになる。
そのときメシヤが降臨して、従来の無力化した宗教や思想を絶対的な真の愛と真の真理
によって補強し、蘇生せしめ、宗教統一、思想統一を成し遂げながら、統一世界を実現す
るようになっていたのである。

しかしイエスが十字架で亡くなられたために、統一世界は実現できないまま、イエスの
使命は再臨主にゆだねられたのであった。したがって儒教、仏教、東洋哲学、ギリシア哲
学などは統一されないまま、再臨の時まで残ることになったのである。それゆえ初臨の時
になされなければならなかった、宗教統一、思想統一の課題は、再臨の時に初めて完成
されるようになるのである。すなわち再臨主は、それまでの宗教や思想の未解決の問題
を神の真の愛と真の真理によって解決し、宗教統一、思想統一を成し遂げて、統一世界
を実現されるのである。

ここで留意すべきことは、再臨主を迎える六世紀前からの準備期間は、メシヤ初臨の
六世紀前のように新しく宗教や哲学を立てる必要はなく、既存の宗教や哲学を残せばよ
かったということである。今日まで、仏教などが生き残ってきたのはそのためである。ただ
し中東におけるゾロアスター教は、善悪二神の宗教だったために、七世紀ごろ、唯一神
教であるイスラム教によって取って代わられたのである。

(七) 責任分担の法則

人間始祖のアダムとエバには、神も干渉できない責任分担が与えられていた。それは
人間に万物の主管主としての資格を得させるためであった。すなわち神の責任分担の上
に、アダムとエバは彼らに与えられた人間の責任分担を完遂することによって、万物に対
する主管主にならなくてはならなかった。ところが、彼らはその責任分担を果たすことが
できないで堕落してしまった。

再創造の摂理においても、神の責任分担と人間(特に摂理的な中心人物)の責任分担
が完全に合わさることによって摂理は成就するようになっていた。ここに人間の責任分担
とは、人間(摂理的人物たち)に与えられた使命を、人間が自らの自由意志でもって、責
任をもって完遂することを意味する。

したがって、摂理的人物が自らの知恵と努力によって神のみ旨にかなうように責任分
担を果たせば、摂理は新しい段階に発展するが、もし彼が責任分担を果たさなければ、
彼を中心とした摂理は失敗に帰する。そして摂理は延長されて、一定の数理的期間を経
過したのちに、神は新しい人物を召命されて、同一の摂理を再び反復されるのである。
人類歴史が罪悪歴史として今日まで延長してきたのは、摂理的人物たちが継続して責
任分担を果たせなかったためである。イエスが十字架にかけられて統一世界を実現でき
なかったのは、洗礼ヨハネや祭司長、律法学者などの当時のユダヤの指導者たちが責
任分担を果たせなかったからである。今日まで共産主義が全世界を混乱に陥れた理由
は、産業革命以後、キリスト教国家の指導者たちが責任分担を果たせなかったからであ
る。

共産主義が崩れた現在においても、民主主義の指導者たちは、大いに覚醒して神のみ
旨にかなうように責任分担を果たさなければならない。すなわち神の真なるみ言と真の
愛をもって、共産主義国家の人々までも導いて、神の側に立たせなければならないので
ある。そうすることによって、真の平和世界とともに地上天国の実現が可能となるのであ
る。