3本性論 格位的存在

三 格位的存在

人間はまた原相の主体と対象の関係性に似て、主体格位と対象格位をもっている。人間はまず子女として父母の前に対象の位置にあるが、成長すれば父母になり、子女に対して主体の位置に立つ。また社会生活においても、下位の職位から出発して次第に上位の職位に上っていく。したがって人間は、まず対象格位にあり、次第に主体格位に移っていくのである。