1原相論 構造 創造理想

(六) 創造理想

創造理想とは何か

創造理想が原相構造と関連があるのは、それが四位基台の中心である創造目的と直接関連しているからである。一般的に理想とは、人間が希望または念願することが完全に実現された状態をいう。それでは人間は、なぜ希望し念願するのであろうか。喜びを得るためである。では喜びはいかなる時に生ずるのであろうか。愛が実現された時である。なぜならば喜びの土台が心情の衝動性、つまり愛の衝動性にあるからである。統一原理では、神の喜びがいかなる時に生ずるかということに対して、次のように書かれている。

「このように被造物が善の対象になることを願われたのは、神がそれを見て喜ばれるためである」(『原理講論』六四頁)。

「創造目的は喜びにあるのであり、喜びは欲望を満たす時に感ずるものだからである」(同上、一一八頁)。

「自己の性相と形状のとおりに展開された対象があって、それからくる刺激によって自体の性相と形状とを相対的に感ずるとき、ここに初めて喜びが生ずるのである」(同上、六五頁)。

「神が被造世界を創造なさった目的は……三大祝福のみ言を成就して、天国をつくることにより、善の目的が完成されたのを見て、喜び、楽しまれるところにあったのである」(同上、六四—六五頁)。

以上を要約すれば、神が被造世界を創造された目的は喜びを得ることにあるが、その喜びは被造物が善の対象になるとき、欲望が満たされるとき、被造物が自身に似るとき、そして善の目的を完成したときに感じられるのである。すなわち、神の喜びは、第一に被造物が善の対象になって神に似ることによって神の欲望が満たされるときに生じるのであり、第二に神と被造物との間に互いに相補的な関係が成立するときに生じるのである。欲望が満たされるということは、希望が遂げられ、念願が成就することを意味する。つまり神の理想が実現されることを意味する。そして善の対象になるということは、愛の対象になることを意味する。善の土台が愛であるからである。そして神に似るということは、心情を中心とした神の性相と形状の調和的な授受作用の姿に似るということであり、神の愛の実践者となることを意味する。『原理講論』の「神の創造目的は、愛によってのみ完成することができるのである」(一〇一頁)という記録も、そのことを意味するのである。ここで神の創造理想とは何か、明らかになる。それは「神が創造されたとき、意図(希望)されたことが完全に実現された状態」であり、未来において、「神に似た人間によって神の愛が完全に実現された状態」である。

創造目的と創造理想の差違

ここで神の創造目的と創造理想の差異について明らかにする。創造目的は統一原理に書かれているように、喜びを得ることにあった。喜びは欲望が満たされる時に生ずる。欲望の充足とは要するに希望が成し遂げられることであり、念願の成就である。神の念願の成就とは、まさに神の創造理想の実現である。したがって神の欲望の充足も、神の喜びも、創造理想が実現された時に成し遂げられるという結論になる。結局、神の創造目的は創造理想の実現にあるのである。次のような統一原理の記録がその事実を示している。すなわち「このように神の創造目的が完成されたならば、罪の影さえも見えない理想世界が地上に実現されたはずである」(六九頁)という文章がそれである。

ここで参考のために、人間の創造目的と万物の創造目的の差異について考えてみることにする。神が人間と万物を創造された目的は被造物を見て喜ぼうとされることにあった。しかし直接的な喜び、刺激的で愛情の細やかな喜びは、人間においてのみ感じられるようになっていたのである。神は万物からも喜びを感じるが、その喜びは人間のように刺激的なものになりえず、しかも人間が創造され完成したのちに、人間を通じて間接的に感じるようになっていたのである。人間は神の形象的実体対象であり、万物は神の象徴的実体対象であるからである(『原理講論』五八頁)。それは、万物は人間の直接的な喜びの対象として造られたことを意味している。統一原理にはそれに関連した次のような記録がある。「万物世界はどこまでも、人間の性相と形状とを実体として展開したその対象である。それゆえに、神を中心とする人間は、その実体対象である万物世界からくる刺激によって、自体の性相と形状とを相対的に感ずることができるために、喜ぶことができるのである」(六八—六九頁)。

万物が創造目的をもつというとき、個別相が種類によって異なるように、その創造目的は種類ごとに異なると思われるが、統一原理にはそれに関しては述べられていない。例えば、花の創造目的と鳥の創造目的は同じではないにもかかわらず、それに関して説明がない。それは明らかに個別的な創造目的もあるが、そのことを一つ一つ明らかにする必要がないからである。花の創造目的は花の色の美しさでもって視覚を通じて人間に喜びを与えることであり、鳥の創造目的は鳥の声の美しさでもって聴覚を通じて人間に喜びを与えることであるが、人間に喜びを与えるという点においては同じである。統一原理においては、その共通点だけを万物の創造目的と見なしているのである。

創造目的と創造理想の概念は異なる

以上、創造目的に関して述べたが、『原理講論』ではこの創造目的の用語が、本来の意味で使われるほかに、被造目的、創造理想の意味にも使用されている場合があることを指摘する。創造目的の本来の意味は、すでに明らかにしたように、「神が被造物をみて喜ぼうとすること」であった。すなわち創造目的は、「創造者である神が立てた目的」であると同時に「創造の時に立てた目的」なのである。ところで『原理講論』には、この創造目的が被造目的の意味にも使用されている。例えば「創造目的を完成した人間」(一七八、二五六頁)がそうであるが、これは「被造目的を完成した人間」という意味である。なぜなら創造目的は創造者の目的であり、神が「喜びを感ずること」であり、被造目的は人間が「喜びを返すこと」であるからである。

人間が時計を製造する目的は「時間を知る」ことにある。一方、製造された時計は「人間に時間を知らせる」ようになっている。これは時計の立場から見れば被造目的である。製造目的と被造目的は異なっている。同様に、創造目的と被造目的も異なるのである。人間がなすのは「喜びを感ずること」(創造目的)ではなく「喜びを返すこと」(被造目的)なのである。この事実は次の記録、すなわち「神は人間の堕落によって、創造目的を完成することができなかった」(二四〇頁)という場合の創造目的と比較すれば、さらに確実になる。ここで創造目的は明らかに「神が喜びを感ずること」を意味するもので、先の「創造目的を完成した人間」における創造目的とは、その意味が異なることが分かるのである。

次は、創造目的が創造理想の意味として使用されている例を挙げてみよう。「堕落人間をして、メシヤのための基台を立てるようにし、その基台の上でメシヤを迎えさせることにより、創造目的を完成しようとされた神の摂理は、既にアダム家庭から始められた」(二八一頁)と書かれているが、この引用文中の「創造目的」を「喜びを感じようとすること」と解釈するのは少し不自然である。創造理想の意味、すなわち「神の愛が完全に実現された状態」と解釈するのが無難である。次の文章と比較してみれば、その事実がより明らかになる。すなわち「イエスが再臨なさるときには、必ず、神の創造理想を地上に実現できるようになり、決してその理想が地上から取り除かれることはないということを見せてくださったのである」(三〇八頁)という文章にある「創造理想」と、先の文中の「創造目的の完成」は、その意図する内容が同じなのである。後者の文の中の「創造理想」を創造目的の意味に解釈するのは不自然であり、むしろ先の文中の「創造目的」を創造理想と解釈するのが無難であろう。

そのように『原理講論』では、創造目的という用語がしばしば被造目的の意味に使われたり、創造理想の意味にも使われているが、統一思想ではこれらの概念を明白に区別して用いている。ただし区別の必要のないとき、例えば創造目的としても良く、被造目的としても良いとき、または時によって人為的な目的を用いなくてはならないときには、目的として表示している。

以上、創造理想と創造目的の概念の差異を明らかにした。要するに、創造理想は「設定された目標が達成されている時の状態」をいい、創造目的はその「設定された目標」だけをいう。そしてすでに述べたように、創造理想は未来において、「神に似た人間によって神の愛が完全に実現された状態」である。それに対して創造目的は「対象をみて喜ぼうとすること」であり、将来「到達しようとする目標」である。文法上の時制で表現すれば、創造目的は未来形であり、創造理想は未来完了形であるということができる。結局、創造理想は「創造目的が達成されている状態」なのである。そして創造目的は創造理想の実現を通じて達成されるのである。

創造理想とは神の愛が完全に実現された状態である

それでは「神の愛が完全に実現された状態」は、具体的にいかなる状態なのだろうか。結論から言えば、それは「理想人間、理想家庭、理想社会、理想世界が実現された状態」をいう。ここで理想人間とは、心と体が一つとなって、神の性相と形状の中和体に似た理想的な男性と女性をいい、神の愛を万人と万物に施すことのできる男性と女性、神を真の父母として奉ることのできる男性と女性をいう。そのような人間は「天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」(マタイ五・四八)というみ言を成就した人間である。そしてそれは「唯一無二の存在」であり、「全被造世界の主人」であり、「天宙的な価値の存在」なのである(『原理講論』二五六頁)。

そのような理想人間である男女が結婚して、神の陽性と陰性の中和体に似た夫婦を成すのが理想家庭である。そのような家庭は、その中に愛があふれるのみならず、隣人、社会、国家、世界を愛し、万物までも愛し、神を真の父母として奉る家庭になるのである。そして理想家庭が集って社会を成すとき、その社会はまた神の姿に似た社会となって、その中に愛があふれるのみならず、外的には他の社会と愛で和合しながら、神を真の父母として奉るようになる。それが理想社会である。次に理想社会が集って世界を成すとき、その世界はまた神の姿に似た世界となって、すべての人類が、神を人類の真の父母として奉りながら、兄弟姉妹の関係を結んで、愛に満ちた永遠なる平和と繁栄と幸福生活をするようになる。それがまさに理想世界である。それは歴史の始まりから、数多くの聖賢、義人、哲人たちが夢見た理想郷であった。

愛は真善美の価値を通じて具体的に実現される。したがって理想世界は価値の世界、すなわち真実生活、倫理生活、芸術生活の三大生活領域を基盤とした統一世界であると同時に、神の愛が経済、政治、宗教(倫理)において実践される共生共栄共義主義社会なのである。それがすなわち地上天国である。創造理想とは、このような理想人間、理想家庭、理想社会、理想世界が未来に実現された状態をいうのである。そのような状態が実現されたとき、すなわち創造理想が実現されたとき、初めて神の創造目的が、すなわち永遠なる喜びを得ようとした初めの願望が達成されるようになるのである。以上で創造理想に関する説明を終える。

最後に「従来の本体論と統一思想」という題目で、従来のいくつかの本体論(統一思想の原相論に相当するもの)の要点を簡単に紹介して、それらが現実問題解決にいかに失敗したか、寸評式に示す。統一思想が現実問題の解決の基準になるということが、よりいっそう明確に理解されると思われるからである。(統一思想から見た神の存在証明については注を参照のこと(35))。